« やっとこ | トップページ | その後 »

2011年2月22日 (火)

無題

久々日記。
もう、2月も下旬。なんて早い。

書いていいか迷うけど。
外へ出したいと思う。
ごめんなさい。


母から電話は、悲しいお知らせ。
田舎の叔父が末期の胃ガンですと。
よく飲み込めず、私は「がーん」と言いました。
最悪の姪です。

「あなたに言うのが、一番つらい。泣かれるから。」と母。

こんな日がいつか来るかも、と思ってはいたけど。
それにしても、だ。
何度も病院に行けって言ったのに。

じいちゃんがいなくなり、
ばあちゅんがいなくなり、
伯母がいなくなり、
看る人がいなくなって、ひとりあの家で過ごして。

生きる希望がないというのは、
こんなにも身体を弱らせるのか。
もう死にたいんだって。
生きててもしょうがないって。
そんなこと言わないで、っていっぱい言ったのに。

明日、東京へくるとのこと。
おじちゃん、海、見れなくなっちゃうじゃん。
東京じゃ釣りできないよ?
どんな気持ちでいるの。
私は、涙がとまらないよ。

一日でも長く、一分でも長く生きて。
いなくなっちゃやだよ。
お願い。みんなしていかないで。




|

« やっとこ | トップページ | その後 »